マクロビオテック

マクロビオティックと久司道夫

マクロビオティックを知るのに欠かせない人物が久司道夫です。久司道夫はマクロビオティックの世界的権威です。
久司道夫は今から60年ほど前、桜沢如一が体系化したマクロビオティックを受け継ぎ、国際化してアメリカで普及活動をしました。それが今アメリカで常識と言われるクシ・マクロビオティックです。
世界にマクロビオティックが認められるまでには、様々な抵抗や批判がありました。アメリカで注目を集めたのは、1977年に作成された食事目標がきっかけです。当時アメリカは肥満者の数が増え、生活習慣病の増大が社会問題となっていました。そこでアメリカの食事の見直しが求められ、日本の伝統食であるマクロビオティックに沿った目標が立てられたのです。それ以降、アメリカの食生活は大きく変わり、次第にマクロビオティックの良さが認められるようになりました。
久司道夫は長い道のりを経て、クシ・マクロビオティックを築きあげ、今やアメリカで最も有名な日本人と言われるほどです。マクロビオティックと称する団体や食事法はいくつかありますが、久司道夫のマクロビオティックはあくまでもクシ・マクロビオティックであり、内容も異なる点があるようです。
久司道夫の指導によって食生活を改善したアメリカの著名人は多く、マイケル・ジャクソンやマドンナも含まれています。今では世界各国で400万人に人が実践していると言われます。
久司道夫のマクロビオティックが世界の多くの人々の健康や医療、食生活に与えた影響は大きく、その功績は諸外国で高く評価されています。

«  マクロビオティックと久司道夫  »

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi