マクロビオテック

マクロビオティックと陰陽

マクロビオティックでは食材の陰陽が重視されます。陰陽という考え方は古代中国から始まった考え方で、すべての物事には陰陽があるという思想に基づいています。日本でも古くからこの思想の影響を受け、マクロビオティックの食事法もこの考え方に沿って成り立っています。
食べ物は大きく陰、陽、中庸の3つにわけることができます。陰性の食べ物には精白米、果物、乳製品、コーヒー、砂糖、化学物質を含む食品などがあり、体を冷やす性質があります。陽性の食べ物には精製塩、卵、肉類、チーズ、魚介などがあり、体を温める性質があります。中庸の食べ物には全粒穀物、豆類、温帯性の野菜、海藻などがあります。
陰陽は調理法でも変わります。さっと炒めるだけ、油や水を多く使用する、圧力をかけないなどが陰性の調理法です。圧力をかける、火を多く使う、味を濃くするなどが陽性になります。
食材と調理法の組み合わせで、メニューの陰陽のエネルギーが決まります。
体のあらゆる不調は陰陽の偏りによって起きます。日常から中庸の食べ物を食べていると自然にバランスを摂ることができます。
肉、卵などの極端に陽性の食べ物や、乳製品や砂糖のように極端に陰性の食べ物を食べると、バランスを摂ることが難しくなるため、マクロビオティックではなるべく避けたい食品と考えられています。
季節や体調に合った食材や調理方法を意識して、陰陽のバランスをとることがマクロビオティックの食事の特徴です。

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi