マクロビオテック

マクロビオティックと動物性食品

マクロビオティックでは動物性食品をなるべく避けたい食材としています。今や家庭の食卓には毎日のように並ぶ肉や魚などの動物性食品ですが、どうして避けたいのでしょうか。
マクロビオティックで現代の食生活の問題とされているのがたんぱく質の摂り方です。欧米型の食時では肉や卵などの動物性食品からたんぱく質を摂ります。今では日本でも当たり前になっているこの欧米型の食生活は、本来は自然なたんぱく質の摂り方ではありません。
日本人が肉や牛乳を摂る様になったのは100年ぐらい前のことです。それまで日本では玄米菜食が基本で、穀物や豆類からたんぱく質を摂っていました。穀物には大量のたんぱく質が含まれています。玄米も昔は外側を捨てずに丸ごと食べていたため、それだけで自然に必要なたんぱく質を摂ることができました。
以前から動物性食品を習慣的に摂ってきた欧米諸国では、早い時期から肥満や生活習慣病が社会問題になっていましたが、日本でも食生活の欧米化ととともに、生活習慣病やメタボが問題となり、動物性食品が中心の欧米型の食生活を見直す傾向にあります。
全粒穀物をしっかり食べていれば、動物性のたんぱく質を摂らなくても栄養面で心配はありません。そのため肉類や乳製品、卵は月に数回程度まで控えることが理想です。
マクロビオティックの食事に慣れてくると、次第に動物性食品を食べたくならないと言われます。マクロビオティックは無理なく続けることが大切ですから、自然に自分の中の要求に従って無理なく移行してくことがよいでしょう。

«  マクロビオティックと動物性食品  »

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi