マクロビオテック

マクロビオティックと砂糖

今は何処に入っても美味しいスウィーツが溢れている時代です。女性は特に目がないスウィーツですが、スウィーツに大量に使われている砂糖はマクロビオティックでは摂り方、摂り過ぎに気を付けなければなりません。
特に白砂糖と蜂蜜はなるべく使わないようにします。これら単糖類で体内に入ると急激に血糖値が上がるため体によくありません。また白砂糖には農薬や化学肥料が使われ、精白でビタミンやミネラルも失われています。
甘い物がどうしてもやめられない人はもしかしたら低血糖かもしれません。低血糖の人はエネルギーが下降する14時を過ぎると甘い物が食べたくなるのが特徴です。それが満たされないと欲求不満や疲れになり、不眠や冷えも起こりやすくなります。
低血糖の原因には陽性の食材の摂り過ぎが考えられます。動物性食品や乳製品、ナッツ類、クッキーやパンなどの粉製品を摂り過ぎると、すい臓が固くなり、血糖値を上げるグルカゴンの分泌が不足します。そこで砂糖などの陰性の食材を摂って膵臓をリラックスさせようとするのです。この状態を繰り返すと、さらにほかの疾病を起こす危険があります。
低血糖を改善するには、砂糖や蜂蜜などの単糖類を避けて、甘酒、米あめ、てんさい糖などの多糖類から甘味を摂ることが効果的です。
マクロビオティックの書籍やHPでは多糖類を使ったお菓子が多数紹介されているので参考にしましょう。普段マクロビオティックを実践しているのなら、たまにはケーキなどのスウィーツを摂っても大丈夫です。

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi