マクロビオテック

マクロビオティックと子ども

幼い時の食生活は、味覚や習慣を育てるだけではなく、内臓の働きや体の作りにも大きな影響を与えます。
自分で食を選ぶことができない子ども、育ち盛りの子どもの食事には、大人が十分に配慮してあげなければなりません。
マクロビオティックでは子どもが成長していく時期には、やや陰性の食事が必要だと考えます。特に0歳から14歳頃までの子どもは、背が伸びる、臓器が大きくなる、成長するという段階にあたり、陰性のもつ上昇エネルギーが必要になります。
食事では脂肪とたんぱく質を多めに摂る必要があるので、質の良い魚類を時々取り入れて、植物油を少し多めに使うようにしましょう。こどもはまだ内臓の働きが十分ではないため、消化にエネルギーを消耗する肉や魚、魚卵、卵などの動物性食品は避けた方が成長を助けます。
また塩気は凝縮する陽性のエネルギーを持っており、成長を妨げてしまいます。塩辛い食事はなるべく控えるようにしましょう。
米は玄米が理想です。圧力をかけない、もしくは柔らかめに炊いて、良く噛んで食べさせましょう。
野菜は上に伸びるエネルギーを持っている葉野菜や、かぼちゃなどの甘くて丸い野菜を多めに使いましょう。
おやつにも砂糖の入った物やスナック菓子、炭酸飲料などは避け、かぼちゃやクリ、リンゴなど自然の甘みを味わうようにしたいものです。質の良い果汁100%のリンゴやミカンのジュースも時々は取り入れても大丈夫です。
マクロビオティックで健康的な食習慣や味覚を持った子どもを育てましょう。

«  マクロビオティックと子ども  »

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi