マクロビオテック

マクロビオティックと環境

マクロビオティックは環境にも優しいというメリットがあります。
マクロビオティックには食材は丸ごといただくという一物全体の考えがあり、野菜や果物は皮や根までなるべく丸ごと食べます。そのためマクロビオティックを実践すれば、家庭の生ごみの量を大きく減らすことができます。
また白米は何度か水を変えて洗いますが、玄米は洗う時に白く水が濁らず、軽くすすぐ程度でよいため、水質汚染の原因になるお米のとぎ汁も出ません。
マクロビオティックは身土不二の考えによって地元でとれた旬の食材を食べることをすすめています。自然に地元の土地の水や土などの環境へ配慮が生まれます。
地産地消は地域の経済を活性化することにつながります。離れた場所や遠い国から運ばれる際の輸送エネルギーや、排出されるCO2の削減にもなり、食料自給率も上がります。
現在はスーパーに行けば季節外れの野菜や果物が簡単に手に入りますが、それらの多くはハウス栽培によって作られたものです。旬の野菜を食べるマクロビオティックでは、ハウス栽培に必要な電気やオイルは必要ありません。
またマクロビオティックでは基本の調味料や常備食材をそろえてしまえば、野菜や果物を買い足すだけで十分です。少々値段が高くても、質の良い物を厳選して買うことによって経済的な生活を送ることができます。
そしてマクロビオティックは残った料理をゴミにせず、上手く利用することをすすめています。
環境問題が深刻になる今、マクロビオティックは生活を見直すよいきっかけとなるでしょう。

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi