マクロビオテック

マクロビオティックと調味料

マクロビオティックの食事はシンプルな味付けが基本です。だからこそ調味料の選び方が重要になります。マクロビオティックで常に使われる調味料は塩、しょうゆ、味噌です。添加物がなく、無農薬栽培された素材を使って、昔ながらの製法によって丁寧に作られたものが理想です。
塩はなるべく精製されていない自然塩を選びましょう。良質の塩はミネラルを豊富に含んでいます。ほんのりした甘みと旨みがあり、それだけで十分に食材を引き立てます。
しょうゆは2年から3年熟成させたもの、みそは良い菌が多く含まれる麦みそがおすすめです。
マクロビオティックでは揚げ物は控えめにしますが、油を使用する時には、なたね油、ごま油、オリーブ油などの植物性の油を選びます。国産、無添加のもので、昔ながらの圧縮製法で絞られた油が理想的です。
甘味料では白砂糖と蜂蜜はなるべく避ける様にします。いずれも単糖類で、体内に入ると血糖値が急激に上がるため体に負担をかけます。白砂糖は精白される過程でミネラルやビタミンが失われています。
お料理で甘みをつけたい時はみりんがおすすめです。みりんは長期熟成された色の濃いものを選ぶとよいでしょう。お菓子作りには甘酒、米あめ、てんさい糖、メープルシロップなどを使います。
動物性油脂のバターやラードも避けたいものです。卵から作られているマヨネーズもなるべく使わないようにしましょう。
また刺激の強いスパイス、香辛料、唐辛子、わさび、カレー粉は、味のアクセントとして時々使う程度にしましょう。

«  マクロビオティックと調味料  »

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi