マクロビオテック

マクロビオティックの基本

マクロビオティックの食事には基本的な考え方があります。ここではマクロビオティックの基本を紹介します。
まず1つ目に一物全体という考え方です。食べ物の持っている栄養やエネルギーを丸ごといただくことを基本とし、調理する時には穀物や野菜の皮を剥かずに、芯や根、種まで工夫して素材そのものを丸ごと食べます。マクロビオティックの食事では玄米を推奨していますが、その理由もこの一物全体の基本に基づいています。
そして2つ目に身土不二の思想があります。これは環境と体は一つにつながっているという思想です。環境と体のバランスを保つためには、自分が生まれ育った土地の食べ物を収穫された旬にいただくことが理想です。これは輸送に関わるエネルギーを減らし、地域経済の活性化につなぐという地産地消の考え方にも通じています。
またこの2つの基本とは別に、陰陽のバランスも重視されます。食べ物の陰陽とは体を冷やす物と温める物のことで、季節や時間、体調に応じて陰陽を食べ分け、バランスをとることが基本です。
マクロビオティックではこういった食事の基本を実践する中で、自分の体や環境に配慮する気持ちや、自然や環境に感謝の気持ちが生まれてくるのです。
産地や季節を問わずにどんな食品でも簡単に手に入る現在ですから、マクロビオティックの基本を実践することは難しいことです。しかしマクロビオティックでは、できることから少しずつ始めていき、少しずつ自然と調和した暮らしを目指しています。

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi